acero blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

歴史を感じました・・・

秋本番!
関川村の山々も紅葉が始まりました!

先日の休暇に、福島県南会津にある「大内宿」へ行って来ました。
大内宿町並み

大内宿は、江戸時代に会津若松と日光を結ぶ会津西街道の宿場町として整備され、当時には(江戸時代)宿屋や問屋が軒をつらぬ、幾多の旅人がこの宿場で旅の疲れを癒したそうです。

昭和56年に国の重要伝統建造物群保存地区の選定を受けたそうですが、それまでこの町並みが残っていたのは奇跡ですね!

大内宿に到着して、町並みに入るとタイムスリップしたかような不思議な気分になりました。

この茅葺き屋根の建物では、お土産屋さんやおだんご屋さん、お蕎麦屋さんなどのお店が連なっています。

早速、テレビでも話題になった「ねぎそば」を食べようとお蕎麦屋さんに入りました。

お昼時を外したのですが、店内は大賑わい!

ねぎそばの山菜きのこそばを注文しました。
ねぎそば

そばに生のねぎがまるごと一本!しかも、このねぎでそばを食べます!

一口目!ズルズル!

二口目!ズルズル!

三口目!ねぎをかじって、ズルズル!

・・・ごめんなさ~い!やっぱり箸くださ~い!

結局、箸で美味しく頂きました。

でも、ねぎでそばを食べるのは面白かったですよ!

町並みの中央には展示館もあるので、当時の生活が見れます。

これは、当時のタンスかな?
家具
重そうですね。

次は、大工道具ですね。
大工道具
大きい”ノコギリ”があります。どうやって使うのかな?

日本の歴史を感じた1日でした。

関川村にも、重要文化財の「渡辺邸」があります。

「渡辺邸」は、お屋敷がそのまま残っていますので、細かな当時の暮らしを見ることができます。

今は修復工事をしていますが、入場できます。

工事風景も見れますので、楽しいですよ!

たまには、歴史めぐりもいいもんですね。。。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。